柳家喬太郎独演会(10/22 神奈川県民ホール)

座席が13列の13番。この席に座ってるとクリスチャンじゃないことがバレバレ。いや、バレてもいいんだけどさ。

柳家こきち「牛ほめ」

柳家喬太郎「うどん屋」 いきなり「何で来るんですか!柳家小三治独演会じゃないんです」。関内駅で後輩と待ち合わせてタクシーで楽屋口に乗り付けたら、「ごめん、こっちは大ホールだった」などと自虐ネタで場内を喬太郎ペースに巻き込む。横浜と言えば喬太郎師の出身地。「浮いているのに乗れない氷川丸、立っているのに入れないマリンタワー…」などと早速地元ネタ。「相鉄線。いいですね。何ていったって海老名ですからね(笑)。いや、海老名と言っても人名ではないのですが」「必ず出てくる弁当が崎陽軒。(現住所の)池袋でも買えるんですが」などと横浜ネタを連発。
 学校寄席で北海道に行ったら名寄→静内→弟子屈と大移動した。「知ってます?弟子屈」済みません、私知ってます(笑)。青森では三沢空港からタクシー2時間半で大湊。そして五所川原まで4時間かけてタクシー移動。「一龍斎貞水先生と二人っきりで(笑)。人間国宝に何かあったら私のせいになる」。その五所川原では食事代を1500円貰って、ホテルの前のバス車体を利用したラーメン屋に行ったが、足らないので更に「一強」というコンビニ(?)でおにぎりを買った。と、ここで羽織を脱いで、コンビニおにぎりとパリパリ海苔を実演してみせる。こんな羽織の脱ぎ方は見たこと無いなあ(笑)。翌日、青森空港で飛行機に乗ったら偶然三遊亭円窓師匠の隣席になってしまった。
 一応記録も兼ねてネタを並べてみたのだけど、話術で笑わせているのでちょっと雰囲気は伝わりにくいかなあ。「バスラーメン」の寂れた様子を細かく描写しておいて、「翌朝見たら、そのバスが走り去っていた」なんていうのは、書くとどうということはないけど、現場では爆笑ものなのだ。ちなみに調べたら「バスラーメン」も「一強」も実在していた。
 マクラだけで既に30分以上。ようやく本題に入ったかと思いきや、「三遊亭白鳥兄さんが」とまた脱線。落語を知らないことで有名な人だが、「時そば」を演ろうとしてリアカーを引く仕種をしたとのこと。「リアカーあったんだ」
 本題に入ると、むしろ細かいギャグは入れないオーソドックスな演出。うどん食べる仕種の旨そうなこと。

柳家さん弥「くしゃみ講釈」 そんなに派手な噺ではないのに、この人は過剰演技でドタバタ劇に仕立てる。ただ、主人公のうち片方の忘れ癖がちょっと病的過ぎて私は躓いた。「こんなに忘れっぽいのは不自然だろう」と。まあ私も相当忘れっぽい方ですがね(笑)。こういう人物造型は結構重要かも。

柳家喬太郎「文七元結」 マクラで三道楽に触れて、「侘び、さび、萌え」などと笑いをとって、早々に本題へ。古典落語二席だけというのは、私は喬太郎師の独演会では始めてかも知れない。大抵古典一、新作一だったけど、最近変わってきてるのかなあ。
 店の金を無くして身投げをしようとしている小僧に、吉原に娘を売ってようやくこしらえた五十両をあげてしまう博打好きの江戸っ子職人。正直なところ現代ではリアリティは無いと思う。大ネタなので、ベテランがやればそれなりに格好はつくんだけど、聞いてる側はもう一つ入り込めないのである。
 喬太郎師の「文七元結」は結構笑いの部分が多い。「仕立て屋の美い坊か?」「これでうどんでも買ってきなさい」などと前のネタに絡むところは得意のところ。職人の服装を眺めながら「変わったなりなんで…」と、普通の会話でも演技力で笑わせられるのが強み。更に、文七が「おひさ」思い出せなかったので、「お」のつく名前を挙げている場面で携帯電話が鳴ったのだが、「お電話」などと即興で笑いにつなげてペースを乱されないのは凄い。
 そして、職人が五十両を上げるかどうか悩むクライマックスの場面では、意識的に笑い減らしているのである。全体を笑いで引っ張って、肝心な場面はじっくり聴かせる緩急の絶妙さには感心するばかり。時の経つのを感じさせなかった。もう喬太郎師の十八番と言っても良いのではないですかね。
[PR]
# by funatoku | 2007-10-28 00:01 | 落語 | Trackback | Comments(0)

“移籍”した球団オーナー

 日本のプロ野球において、オーナーでありながら“移籍”してしまったのは、球団の買収等のケースを除くと多分この中村長芳氏だけでしょう。球団のオーナーといえば、福岡ソフトバンクホークスの孫正義オーナーや、既に退任した巨人・渡邉恒雄オーナー、西武・堤義明オーナーのように親会社の社長が就任するのが通例です。それなのに2球団でオーナーとはどういうことでしょうか。それも間をあけずに“移籍”しているのですから、現在の感覚からするとかなり不思議な現象です。これを説明するには千葉ロッテマリーンズの歴史を振り返る必要があります。

 昭和25年に第1回の日本シリーズを制した毎日オリオンズは、昭和32年に大映ユニオンズを吸収合併して大毎オリオンズと改称します。オーナーには大映の永田雅一社長が就任し、毎日新聞と大映が共同で球団を経営する体制になったのです。昭和35年に西本幸雄監督のもとで大毎はリーグ優勝しますが、この年限りで毎日は事実上経営から手を引き、39年には資本関係も解消します。
 しかし、既に映画業界は斜陽期で、大映一社で球団を維持するのは難しくなっており、永田オーナーは友人である岸信介元首相の仲介によってロッテとスポンサー契約を結び、昭和44年に球団名をロッテオリオンズに改称します。この時点ではロッテに命名権を売却しただけで、ロッテが正式に球団を買収するのは46年のことです。こうした買収の経緯から、オーナーにはロッテ側ではなくて岸信介氏の秘書だった中村長芳氏が就任したのです。いわば“雇われオーナー”という変則状態ですね。
 ところでこの頃、福岡に本拠を置いていた西鉄ライオンズは人気、成績ともに低迷しており、親会社の西日本鉄道は売却先を探していました。ここで中村氏が西鉄球団の株を購入するのです。しかし、プロ野球協約では2球団に関係することは禁じられていますから、中村氏はロッテのオーナー職を辞任し、47年のオフに福岡野球株式会社を設立してライオンズのオーナーに就任しました。そして、ゴルフ場を経営する太平洋クラブや、廣済堂のグループ企業であるクラウンガスライターに命名権を売却して6年間球団を経営しましたが、赤字が増えたために昭和53年オフに西武グループに球団を売却してオーナーを退任しました。

 こうして中村氏は球界を去りましたが、ロッテ以来中村氏のもとで球団経営にあたっていた坂井保之氏は西武ライオンズに残留して球団代表に就任しています。正直なところ球界混乱期に暗躍した胡散臭い存在というのが、中村氏への現在の一般的な評価でしょう。しかし、私財をなげうって球団経営にあたっていたのも確かで、もう一度見直されても良い人物ではないかと私は思っています。
 例えば、ロッテのオーナーに就任したのは岸氏の意向でしょうが、ライオンズのオーナーに就任したことに岸氏がどの程度関わっていたのかがよく分かりません。昭和53年にライオンズが去ってから昭和63年オフにダイエーホークスが来るまでプロ野球空白地帯だった福岡に、ロッテが移転するという構想がありました(西鉄出身の稲尾和久氏がロッテ監督に就任したのはこのための布石と言われています)。岸氏や韓国資本は福岡に関心を持っていたようですが、これと中村氏とのつながりがよく分からない訳です。そう言う意味では、中村氏は戦後政治史とプロ野球の狭間の生き証人だったと言えるでしょう。

 余談。数年前まで東京竹橋の毎日新聞本社1階に「オリオンズ」という喫茶店がありました。「毎日オリオンズ」最後の遺構だったかも知れません。


■中村長芳氏=プロ野球ロッテ、太平洋クラブ元オーナー(読売新聞 - 10月18日 22:50)
 中村長芳氏(なかむら・ながよし=プロ野球ロッテ、太平洋クラブ元オーナー)18日、くも膜下血腫(けっしゅ)で死去。83歳。告別式は23日午前11時、山口市本町1の2の15長寿寺。自宅は同市泉都町3の1。喪主は長男、芳夫氏。
 岸信介元首相の秘書を務めた後、1971年にプロ野球ロッテのオーナーに就任。72年オフ、西鉄ライオンズを買収し、太平洋クラブ(76年10月からクラウンライターに変更)のオーナーに転じて、78年に西武に球団を売却するまで球団経営に携わった。
[PR]
# by funatoku | 2007-10-20 00:18 | ヤクルト・西武(プロ野球) | Trackback(1) | Comments(0)

竹内洋『大学という病』(中公文庫)を読む

(mixi日記から転載)

 昭和前期の東京大学経済学部の紛争と人物像を描いた歴史ドキュメント、というと硬い内容を想像されてしまいそうなのですが、読んでいくうちに「これは『文学部唯野教授』(筒井康隆)だ」と気がつきました。或いは東大版「三国志」、まあスケールは小さいけどね(笑)。しかもこれらは全部実話なのです。以下、例によって付箋代わりのメモ。

*話は昭和3年、経済学部の大森義太郎という28歳の助教授が退職するところから始まる。その背景は二つ。まず当時、高校生や大学生の間でマルクス思想がブームになっており社会問題化していた。大森はマルクス主義活動家でもあったのである。
 二つ目は、大森の執筆活動。先輩教授の土方成美をこっぴどくこき下ろしたりして、反感を買っていた。結局、大森は自ら辞表を提出する。
*大森は筆が立ったので、マスコミに積極的に文章を発表し始める。当時、経済学部には何十年も同じノートを読み上げていたり、休講ばかりの古参教授がいて、大森はこうした内情を告発したのだが、東大や大学教授の権威が今とは比較にならない時代だけに大変な人気を博した。
*東大経済学部が法学部から独立したのは大正8年だが、独立の立役者だった左派の高野岩三郎教授(戦後、第5代NHK会長)に対抗するために、保守派の若手・土方成美教授と、リベラル派(自由主義派とでもいうべきだが、ここでは便宜的に中間派と呼んでおく)の河合栄治郎教授が結託して多数派を構成した。
 これが経済学部の派閥の始まりで、就任早々に辞職した高野教授の一派、つまり左派マルクス陣営は少数派へと追い込まれてしまい、例えば当時助手だった左派の美濃部亮吉(のちの東京都知事)は助教授昇格への望みを絶たれている。
 この時点ではこんな感じ。
(左派・マルクス派)大内兵衛 (中間派・自由主義派)河合栄治郎 (右派・反マルクス派)土方成美

*その後も、多数派による支配は続き、昭和8年には土方、11年には河合が経済学部長になる。昭和初年のマルクスブームの頃に河合の人気は最低だったが、ブームが去るとリベラルな教養主義を掲げてジャーナリズムで活躍し、教育熱心な河合の人気は高まるようになっていた。学部長に就任した河合は、直弟子の大河内一男(戦後、東大総長)、安井琢磨(日本の近代経済学の先駆者)、木村健康らを助教授に昇格させようと画策する。
*ところが、この人事は年功序列を大きく崩すものであったため、多数派に亀裂が生じて河合派と土方派に分裂。そして、何と反マルクス派の土方は中間派の河合を排除するために、マルクス派(少数派)の大内兵衛(戦後、法政大学総長)と結託してしまうのである。
 自分が提案した人事案が否決されたため、河合はわずか一年で学部長の座を去り、河合派の教授達も一人を除いて土方派に鞍替えしてしまう。残った一人は講義で何を言っているのかもよく分からない、学内でも有名な“無能教授”だったとのこと。また、土方派に寝返った荒木光太郎の妻と河合は不倫関係にあった。いや何だかもう、ドロっどろ。
*河合に代わって学部長になった土方は国家主義を標榜して保守色を強め、一度は組んだマルクス派の追い落としにかかり、まず矢内原忠雄(戦後、東大総長)を辞職に追い込んだ。そして、いわゆる人民戦線事件で検挙された大内兵衛を休職させようとしたが、これが勇み足だった。
 休職させるのは起訴されてからでも遅くないのに、土方は功を焦ったのか大内休職を強行しようとして教授会で否決されてしまう(結局、大内は起訴されて休職となる)。今度は中間派の河合が左派と手を組んだのである。土方も学部長を辞任し、後任には左派の舞出長五郎が選出される。

*昭和13年、近衛文麿内閣の文部大臣に陸軍大将の荒木貞夫が就任し、大学人事に積極的に介入する姿勢を見せた。また、貴族院などをバックにつけた右翼思想家・蓑田胸喜がリベラルな帝大教授達を執拗にバッシングするようになった。
 土方は今度はこうした勢力と結託して、著書が発禁になっている河合栄治郎の追い落としを図るのである。そして、河合を辞職に追い込むのだが、ここで東大総長に就任したばかりの平賀譲(海軍中将)が離れ業を見せる。「喧嘩両成敗」ということで、土方も河合と同時に休職させてしまうのだ(平賀粛学)。土方はやり過ぎたのである。
*そして、土方派、河合派の教授連も辞表を提出するのだが、全員が辞めたら学部が崩壊してしまうため、平賀は慰留に努めて何人かが撤回した。例えば河合派では、山田文雄(上記の“無能教授”)と木村健康が辞職し、大河内一男安井琢磨が残留したため亀裂が入り河合は後者二人を破門した。
*戦時中の昭和19年、在野の大森義太郎河合栄治郎が病死する。この頃の経済学部長はかつて土方派の参謀格だった橋爪明男。内務省に学内情報を流していたスパイと言われる人物で、人民戦線事件に連座した大内兵衛有沢広巳(のち法政大学総長)らに無罪判決が出たものの、橋爪は彼らの復職を認めなかった。
*そして、翌20年に終戦。橋爪学部長や土方派残党の難波田春夫(のち早大教授)らが辞職し、大内、矢内原、有沢、木村らが復職する。その後、矢内原、有沢、脇村義太郎などかつての少数派が、学部の実権を握り経済学部長職を引き継いでゆくことになる。
 河合がもし存命ならば、当然復帰していて、総長になった可能性が高いというのが著者の意見。別の論者は、戦後河合のリバイバルブームが来ており、存命なら片山哲ではなくて河合が社会党委員長に選ばれたはずと指摘している由。つまり河合首相が実現していたかも知れないのだ。
*しかし、話はこれでめでたしでは終わらない。昭和43年、大学解体を叫ぶ全共闘の左翼学生らに吊るし上げられたのは当時東大総長を務めていた大河内一男なのである。あたかも戦前にリベラルな教授が右翼学生に吊るし上げられたように。引退していた大内兵衛も全共闘学生から叩かれた。戦後、中央大や独協大教授を務めていた土方成美はどういう思いでそれを見ていたのだろうか…。

 イデオロギー闘争と権力闘争が重なり合っているために、凄まじいことになっていますねえ。経済学は文学や法学に比べると新しい学問で、イデオロギーや流行に左右されやすいという性質も、この抗争に輪をかけたのでしょう。
 また、戦後の東大経済学部はマルクス派が長く多数派になっていたために、近代経済学への進出において完全に遅れをとります。日本の近代経済学は河合門下出身ながら、東大に残れなかった安井琢磨熊谷尚夫(ともに大阪大学教授)らによってリードされるのです。私が学生の頃は、お二人の名を冠したテキストがまだ現役で使用されていましたし、安井の弟子である伊達邦春先生の講義も受けました。そういう意味では、この本の出来事は単なる過去ではなくて、現在に続く歴史の一環だと感じられました。
 高野、河合、大内、矢内原らの名前は高校の日本史教科書レベルでお馴染みでしょうが、別に名前を知らなくても「三国志」として楽しめるんじゃないでしょうかね。
 ミニ知識。土方成美の孫が、「牡丹と薔薇」の女優・小沢真珠(本名:土方典子)。ツンデレは祖父譲り?(笑)
[PR]
# by funatoku | 2007-10-19 20:52 | 文庫・新書 | Trackback | Comments(0)

今村仁司先生のこと

(mixi日記からの転載)

 迂闊にも思想史家の今村仁司先生が今年5月に亡くなっていることを知りませんでした。新聞広告で「今村氏最後の訳業」という惹句を見て気づいたのです。最近は現代思想系の本を繙く機会がめっきり少なくなってしまい、情報に疎くなっていたようです。
 今村仁司氏は1942(昭和17)年、岐阜県生まれ。京都大学大学院を経て、東京経済大学教授。マルクス研究から出発しましたが、マルクスの読み直しを提唱した構造主義者アルチュセールを翻訳したあたりから対象領域が広がり、フランス現代思想の紹介者として知られるようになりました。80年代以降は現代思想の成果をふまえつつ、社会科学の再生を目指した哲学書を多く刊行する一方、大部な翻訳に取り組んだり、晩年は清沢満之を研究するなど、思想界のスターと言える存在でした。

 多くの著作を持つ哲学者・思想家には二つのタイプがあると思います。一つは、若い頃は難解な本を書いていたのに、年をとるに従って読み易くなってくるタイプ。もう一つは、若い頃はマスコミ向けの軽い文章なども書いていたのに、年をとってくると文章が晦渋になってくるタイプ。
 前者は例えば文化人類学者の山口昌男氏。初期の代表作「文化の両義性」「歴史・祝祭・神話」などに比べると、近年の明治ものなどはとても読みやすい。若いうちに代表作を書いて、後年はその思想の啓蒙書を書いたり、他分野に自分の理論を応用するということで、いわば演繹法的といえます。
 今村氏は後者に属するでしょう。マスコミで派手に活躍するということはありませんでしたが、フランス現代思想を案内する初期の本に比べて、晩年になるにつれ抽象度が増しているようです。このタイプは興味の向いたことをあれこれ書いているうちに、それらを総合する方向に向かうわけで、帰納法的といえます。
 両者を比べると、前者は自分のやりたい事の本筋が見えているのに対して、後者は書きながら思想的格闘をしているわけで、精神的にはなかなか辛いのではないかと想像されます。今村氏がそうだったと断言は出来ませんが、「暴力」「権力」「労働」「貨幣」など一見すると関係無さそうな各論をテーマに研究しつつも、これらを統合する思想を模索していたのではないかと思います。

 ところで、私は大学時代に今村先生の「社会思想史」を受講しました。私は本音では文学部に行きたかったのに、経済学科などという無粋なところに行ってしまった人間なので、せめてなるべく歴史や哲学寄りの科目を多く履修するようにしていたのですが、ある年たまたま非常勤講師としてウチの学部に出講した今村先生の講義を受けられるのは楽しみでした。
 初めて見る今村先生は、丸顔に分厚い眼鏡をかけていて、何だか田舎の市役所の課長さんのようでした。難しい思想書を書いているのでおっかない先生かと思いきや、柔らかい関西弁でくだけた口調で話すのもちょっと意外で、私はすっかりファンになってしまい、出席も取らないのにせっせと通いました。講義テーマは「労働」に関するもので、「働くということは何だろう」と思っていた当時の関心にも合っていました。
「“現象学的還元”というのは、要は“ワッと驚くこと”なんです」
「若い研究者がフランスの新しい思想書を持ってきて、『先生、これ知ってますか』なんて言うんやけど、そういうのには『知らん』と言ってやるんです。新しいのを見つけてきて発表して喜んでるだけじゃあね……、(ちょっと声を潜めて)まあ、僕も時々やるけど」
「僕を早稲田に呼んでくれたのは内田満先生(政治学者、こちらも今年亡くなられた)なんですが、この内田説は間違いですね(笑)。ハンナ・アレントも言ってますよ」
 随分書くものとイメージが違うんですね。今村先生の講義を本にしたら、面白い哲学入門になるんじゃないかと思ったのですが、残念ながらそういう本は刊行されませんでした。享年65。やはり早過ぎました。わずかな縁があったかつての学生としては、今後も折に触れて今村さんの本を読み返していこうと思っています。

 さて、おすすめ三冊はなかなか選びにくいのですが、現代思想の解説書としては「現代思想のキイ・ワード」(ちくま文庫)が分かりやすいでしょう。「労働」については何冊か書かれていますが、「近代の労働観」(岩波新書)が一番まとまっています。90年代のものは「近代性の構造」(講談社選書メチエ)あたりが入りやすいですかね。
 「マルクス入門」(ちくま新書)は充実した内容ながら、新書版入門書という枠組みを逸脱していて初心者にはかなり難解なので、心してかかった方が良いかも。
[PR]
# by funatoku | 2007-09-25 23:59 | 一期一会 | Trackback | Comments(2)