<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

早稲田実業、夏の甲子園優勝を祝す

号外が出るほどのニュースに、この極私的ブログで芸の無いコメントするのも間抜けな話だが、
これだけは書いておきたい。早稲田実業と斎藤佑樹君、優勝おめでとう。そしてお疲れ様でした。
夏の甲子園、いや野球の試合でこれほどドキドキしたのは久しぶりだった気がする。
早実センバツ優勝時のエースは病気療養中の王貞治監督だったり、決勝戦が引き分け再試合に
なるのは太田幸司が活躍した三沢vs松山商以来などと、野球ファンには懐かしい名前も出た。

全7試合を驚異的なスタミナで投げ抜いた斎藤君。「クールな」エースと表現されたが、
本来は熱いタイプで、あのポーカーフェイスはセルフコントロールの賜物ではないかと思う。
普段はコントロール重視で低めに球を集めるが、ここぞという時に高めに140キロ台後半の
荒々しい速球を決めにいくあたり、なかなか「熱い」ハートの持ち主のようだ。
「駒大の三連覇を阻むのは早実」「次は完封したい」などという冷静にして強気な発言も、
相手との心理戦を計算に入れた発言なのだろう。決勝再試合が決まって、もう一試合出来る
喜びを淡々と語る様子は、駒大苫小牧に無形のプレッシャーを与えたに違いない。
その昔、早実の先輩荒木大輔投手は余りの人気沸騰のせいか、何だかいつも戸惑ったような
表情をしていたが、優勝を決め号泣する斎藤君は感情を素直に表現していて、荒木、太田のような
悲劇性の系譜とは明らかにベクトルが違うキャラクターの持ち主のようでもある。
それに投球の合間にキチンと折り畳んだハンカチで汗を拭うというのは、普通の行為なのに
今まで誰もやらなかったコロンブスの卵で、長年の野球ウォッチャーとしても意表を衝かれた。
何をやらせても成功しそうなスター性の持ち主で、一緒に下宿している兄が食事の面倒を
みているなんてほのぼの系エピソードも(しかもその為に浪人してしまったとか)味があった。

これから秋にかけて、海外遠征や国体などが続くはずだが、斎藤君には次の段階の備えて
十分に身体のケアをして欲しいと思う。正直なところ、この夏がピークではないかという
危惧が無いではないのだが、そんな危惧は裏切ってくれるに越したことは無い。
プロからも注目されているだろうが、大学に進んで神宮の森を沸かせてくれることを願っている。

早稲田実業という学校は、私の世代にとっては地元東京の甲子園常連校として親しみがある。
特に荒木大輔投手が活躍した頃は、私の中学の同級生もレギュラーとして出場していたのだ。
後年私が早大に通うようになると、実業(早稲田内部の人間はそう呼ぶのだ)から来ている
学生もクラスにいるし、大学の目の前に校舎があるのでより身近な存在になった。
そして早実は5年前に都下国分寺市に移転したのだが、当時私も国分寺の住民だったので、
毎日見ていた早実が自分の町に引越してきた上、小学校が出来たり、男女共学になったりという
変化には驚かされたものである。直系の付属校ではないので、昔は早大への推薦入学枠が
多くなく、入試難易度もそれほど高くはなかったと記憶しているが、最近ではほぼ全員が
早大に進学するようになり、付属の早大学院より難化したという話も聞く。
早稲田の街に早稲田が根付いているように、早く国分寺の街にも早実が根付いて欲しいと思う。

ところで、私が理解に苦しんだのは決勝戦、再試合ともエース田中君を先発させなかった
駒大苫小牧の香田誉士史監督の采配だ。傍で見ている以上に田中君が疲労していたのだろうが、
エースを温存して失点して負けても後悔が残らないのだろうか。どうもこの時点で早実に
精神面で圧倒されていたように思えてならない。田中君は判定に不服そうな表情を見せたり、
ニヤリと笑ったりふてぶてしいヒールの雰囲気が、アイドル系の斎藤君とは対照的で面白かった。
こちらはすぐにプロ入りした方が伸びそうだ。

(8/24追記)
来ましたね、「佑ちゃん」ブーム。あのハンカチはどこで買えるかと問い合わせが殺到したそうですが、
昨日判明したところでは、大阪の「ニシオ」社のもので5万枚発売されて既に完売とのこと。
「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」は無名のイタリア人デザイナーらしい。
実在するなら驚いているでしょうな。1枚400円の量産品だったというところも、好感度アップ。
知り合いの女性は、彼の顔の拭き方には行儀が良くて品があると言ってました。
[PR]
by funatoku | 2006-08-22 01:04 | テレビ・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)

いやしの湯(神奈川県相模原市)

相模原市の「いやしの湯」は昨年5月オープンしたばかりの新しい日帰り温泉である。
などと書くと相模大野あたりの郊外型スーパー銭湯なんかを想像されてしまいそうなのだが、
今年3月20日、ここは相模原市に合併するまでは神奈川県津久井郡津久井町だったのである。

最寄り駅は中央本線で高尾から二つ先の藤野になる。駅前から神奈川中央交通バスのやまなみ
温泉、奥牧野行きに乗って15分程のやまなみ温泉下車。更に藤野町営バスに乗り換えて
12分程の奥相模湖下車徒歩5分程で到着する。かつてはやまなみ温泉から先も神奈中バスが
走っていたのだが、不採算のため廃止されて町営バスに転換されたのだ。しかしながら、
町営バスは平日9往復、土休日は4往復しかないので、時刻を予め確認しておく必要がある。
私が乗った夏休みの午後もやまなみ温泉で乗り換えた客は二人。地元の奥さんらしい中年女性が
一つ目の停留所で降りてしまうと、私一人を乗せたバスは人家も見えない山道を辿って行く。
この利用状況ではいつまでもつのか危ぶまれる。私の乗ったバスの終点は奥相模湖だったが、
一部のバスは1㌔強先の国道413号線(通称道志みち)の東野まで出る。東野からは国道
413号を津久井湖畔三ケ木まで走るバスもあるのだが、平日5本、土休日2本とこちらも
風前の灯。国道が拡幅・整備されたことで、バス離れがすっかり進んでしまったようだ。
都心からは電車・バスで行っても、車で行っても約2時間なのだが、これだけ利便性に差が
あると、前者のファンの私でもさすがに車利用をお勧めせざるを得ない。

ともあれ、奥相模湖のバス停から分れ道を下った道志川の谷間にこの「いやしの湯」がある。
大きな施設ではないが、入ってみると浴場は結構ゆったりしている。岩風呂と檜風呂を男女で
1週ごとに交代しているそうで、私が入った檜風呂はまだ新しいせいか檜の香りが強かった。
内湯の浴槽は源泉と加熱の二つで、源泉は35度くらいとぬるめ。露天風呂の広さは特筆して
おくべきだろう。20人入っても余裕である。せっかく渓谷にあるのに、露天風呂の目の前が
目隠しで遮られているのが何とももったいないが、これは構造上難しい注文かも知れない。
「青根緑の休暇村」という施設と隣接しており、そちらでは宿泊することも出来る。

この日、私は友人とここで待ち合わせて、数キロ先の「青野原オートキャンプ場」へ行った。
翌朝の予定があるので、私だけ夜中に三ケ木までタクシーを走らせ、そこからバスで橋本駅に
出るという慌しい行程だったのだが、久しぶりに花火をしたりして、キャンプの気分だけでも
味わうことが出来た。川原で敷地がゆったりとしたキャンプ場のようだった。

尚、相模原市は政令指定都市を目指しており、「いこいの湯」もキャンプ場も遠からず
「区」に昇格(?)するはずである。バスは1日2本だけど「区」。何だか不思議だなあ。
b0058309_20242119.jpg

土日ダイヤで往復プランを考えてみました。京王線経由にすれば運賃はもっと安くなります。
新宿1323→1407高尾1415→1428藤野1435→1450やまなみ温泉1451→1502奥相模湖
奥相模湖1712→1726やまなみ温泉1728→1743藤野1800→1821高尾1830→1916新宿
[PR]
by funatoku | 2006-08-19 20:16 | 旅日記・温泉・鉄道 | Trackback | Comments(4)

江戸切子のビールグラス

皆さんは自宅でビールを飲む時はどうしていますか。

私は居酒屋や食堂で出てくるような「キリンビール」とか「サッポロビール」というロゴの入った
普通のコップで、自宅でも飲んでみたいなと思っているのですが、あれ売ってないんですね。
(もし入手方法をご存知の方がいらしたら、ご教示頂けると幸いです)

で、やむを得ず使っていたのが、ビールのおまけのコップ。最近見かけなくなりましたが、
90年代前半には6缶セットにオリジナルのコップがおまけで付いてくることがありました。
そうしたコップが数個あったので、それで飲んでいたのですが、お店のシンプルなコップと違って
変にデコラティブだったりするので、却って貧乏臭い。それも殆ど割れてしまったので、
ここ数年は「我ながら無精者だなあ」と思いつつ、たいてい缶からそのまま飲んでいました。

数ヶ月前、「ぶらり途中下車の旅」というテレビ番組で江戸切子の工房が紹介されていて、
「これだ!」と思いました。と同時に子供の頃、家で江戸切子のグラスを見た記憶が甦りました。
凝った細工の高級品ではないものの、紫色が涼しげなコップのセットだった筈です。
母親に電話して訊いてみると、あれは祖父母(母の両親)の代からあったものだが、
今はもう無いと言う返答。残念ながら処分してしまったようです。
そこで、テレビで見た工房の足付ビールグラスを取り寄せることにしました。それが写真左。
さらにこの業界では老舗らしいカガミクリスタルという会社の銀座のギャラリーに行って、
「竹の膳」というビールグラスを買ってきました。それが写真右。

いやー、いいですねえ。特に夏は涼しげだし、缶のまま飲むのとは明らかに味が違います。
小さなグラスなので、気のせいか飲む量も減ったような。もっと早く買えば良かったなあ。
b0058309_1336475.jpg
b0058309_1341593.gif
[PR]
by funatoku | 2006-08-13 13:30 | Trackback | Comments(0)

柳家喬太郎独演会~前座噺特集~(8/1 横浜にぎわい座)

柳家喬太郎「たらちね」 幕が上がると「開口一番」のメクリ。最初は前座かと思いきや
喬太郎師匠登場。神妙な顔で「たくさんのお運びで…」「楽屋の兄さんに怒られる…」などと
言っているのは、どうやら“前座になりきっている”ようだと客に伝わる。
「縁は異なもの味なもの~」といかにもな始め方に場内爆笑。「え、何か?」という顔であくまでも
トボケ通すつもりらしい。今日の独演会は三席とも前座噺だけという趣向なのである。
今日の「たらちね」は余りオリジナルのクスグリを入れずに原型に忠実に演じているようだったが、
それにより逆に喬太郎師の上手さ、間の良さが際立った感がある。
八五郎が七輪で火を熾しながら結婚生活を妄想する場面、隣の婆さんとのやりとりの面白さ。
普段は省略されることが多いのだけど、演らないのがもったいないと思うくらい。
「それなら(嫁を)5、6人もらっとこうか。そうすれば左団扇で…」「(火種を)壁の穴からくれ」
「婆あ、妬いてやがる」「チンチロリンのサークサク」「(大家が新婦に)後ずさりしなくてもいい…」
「“我が君の八公”と呼ばれちまう」といった所でもしっかり爆笑を誘う。
「酔ってくだんの如しか」でサゲて、自分でメクリを返しに行ったのだが、歩き方が完全に前座風。
何年か前まで前座だったから当然とも言えるが、使い分けられるのは客観視出来ている証拠だろう。

柳家さん作「権助芝居」 「私が本物の前座で…」と登場。素人芝居に駆り出された権助が
田舎芝居でお軽を演じた時の自慢を並べ「本当のお軽はオスだった」でサゲ。

柳家喬太郎「道灌」 「柳家喬太郎と申します」やっぱり先程のは前座さんだったか(笑)。
いつものマクラ口調に戻り、「あのー、何?桜木町」横浜港花火大会で大混雑だったのだ。
浴衣を着たバカップルにさんざんツッコミを入れて、さらに横浜公演恒例?の東横線話。
桜木町駅の立ち食いそば屋で「イカ天そば」を食べた話に始まって、高島町駅の風情だの、
桜木町駅の最終日の様子、「みなとみらい、漢字で書け!」とか、駅からの地下道にあった
にぎわい座のポスターは談春兄さんはカッコ良く映ってるが自分はこんなで…、コンビニの前で
焼き鳥を売っていて「秘伝のタレ」と書いてあった。「セブンイレブンに秘伝のタレは無い!」
CDの収録をしていたらしいが「固有名詞が多くて、この瞬間に諦めた」そんなこと言わずに、
いつにも増して快調だったこの日のマクラも音源として残して頂きたいものだ。

長いマクラから強引に「噺の方はと言いますと」と道灌。「大きな土管(太田道灌)?大きな土管は
有名でも無名でもない」などというオリジナルのクスグリも混ぜ、隠居が八五郎に道灌の和歌を
書いてみせる所では「自らことの姓名を~」と前の「たらちね」を混ぜたギャグ。
今回は自分のネタだったけど、前の人の噺をネタに取り込むアドリブが本当に上手い。
わざと固めに演じた1席目から、ぐんぐん回転数が上がるのが伝わってくるような2席目だった。

柳亭左龍「風呂敷」 喬太郎師の独演会でゲストに呼ばれるケースが多いようだが、単に
弟弟子というだけでなく、安定感があって時間の伸縮も出来る上手さを買われての起用だろう。

柳家喬太郎「金名竹」 「道灌」に50分もかかったので既に9時近く、マクラもそこそこに「金名竹」。
これまた前座噺の定番だが、やはり喬太郎式の味付けが加えられていた。
関西弁の言い立てが何回か繰り返される場面、1回ごとに喋り方を変えているのである。
これが桂ざこば師匠風、笑福亭松鶴師匠風だったりするらしい。特に1回目は早口言葉の
ようなの速さ。しかも間に「七重八重~」と道灌を混ぜたりして笑いのツボを突いてくる。
前座がやると全部同じ調子なのでダレることを、流石によくご存知のようである。
訳の分からない関西弁を聞かされてパニックに陥るかみさんが可笑しい。後半は与太郎では
なくてこのかみさんが主人公なんですね、この噺は。かみさんの反応は常人の枠を超えており、
新作でお馴染みの“狂太郎節”全開。前座噺こそ実力差が出るということを体感出来た一夜だった。
b0058309_2129822.jpg

[PR]
by funatoku | 2006-08-08 17:43 | 落語 | Trackback | Comments(0)

東北楽天vs西武10回戦(7/29 フルキャストスタジアム宮城)

ご承知のように東北楽天イーグルスという球団は、とても不幸な出発を余儀なくされた。
ライブドアの堀江貴文氏が球団経営を放棄した近鉄の買収に名乗りをあげたにも拘らず、
新規参入者から既得権益を守りたい日本のプロ野球界は、あくまでも近鉄とオリックスの合併を
強行しようとしたものの、世間の反発に驚いて慌てて球団数減少を思いとどまった。
しかし、選手分配ドラフトなるものをデッチあげ、近鉄・オリックス両球団から残したい
選手25人をオリックスが確保した上で、残りの選手を新規参入した楽天に押し付けたのだ。

どう考えても暴挙である。日本プロ野球の暗黒史としか言いようが無い。私が断然楽天を
応援することにした所以である。しかしながら、ここに問題が生じる。私は既にヤクルトと
西武のファンであって楽天は3球団目ということになる。殊に西武とは同じパ・リーグなので
西武と楽天が対戦した場合、私はいかなる態度で臨むべきか。未だにハッキリしていないのだ。
しかし、今回の楽天対西武10回戦は楽天側の座席で見ようと決めていた。仙台のファンの
応援ぶりを肌で感じたかったのである。

仙台駅東口からシャトルバスに乗り10分ほど。フルキャストスタジアム宮城は運動公園の
中にある、かつてロッテが本拠地にしたことがある宮城球場を改修して出来た球場なのだ。
ホームチームの楽天が三塁側というのが珍しいが、その三塁側内野席は満員とのことで、
私は内野席後方に新設されたスタンド(甲子園のアルプス席のようなもの)に入ることにした。
球場に入って分かったが、一塁側内野席には後方にスタンドを拡張する余地が無いので、
これがホームチームなのに三塁側という理由なのだろうと納得した。

席に着いたのは1回裏フェルナンデスの打席が終了するところだった。西武先発の涌井秀章は
高卒2年目ながら低めに球を集める制球力の持ち主で西武投手陣の柱に成長した。2回裏、
3回裏に先頭打者を塁に出しながらも抑えると、4回表先頭打者の中島裕之がライトスタンドに
本塁打。0-1となる。楽天先発の一場靖弘は球に力があるが特に高低のコントロールが悪く、
勝負どころに弱い印象がある。この日も打たれた初ヒットが先制本塁打になってしまった。
ただ涌井もストライクとボールがハッキリして、スライダーを多投しており本調子ではない。
一場はストレートの球速は涌井よりやや遅いが、ランナーを出しても三振でしのぐ力投ぶり。

両投手の投げ合いで試合は早いテンポで進み、勝負どころは8回にやってきた。
西武は片岡易之、中島の連打の後、カブレラ三振、和田一浩敬遠で満塁。ここで指名打者の
栗山巧がライト前に2点タイムリーを放ち0-3。試合をほぼ決定付けたように見えた。
しかし、涌井が8回のマウンドに上がったところで私はオヤと思った。確かに7回を4安打
無失点なのだが、四球も4。前の7回裏には先頭打者の山崎武司を無造作に歩かせ、後の
3人を力を振り絞って三振に斬ってとっており、もう余力は無いように見えたのである。
ここで8回石井貴、9回小野寺力という得意の継投パターンに持ち込んでいたらどうなったか。
案の定、先頭の塩川達也から関川浩一、高須洋介が連打で満塁、フェルナンデス四球で1-3。
そして山崎がレフトスタンドに逆転満塁本塁打を放ち5-3で勝負あった。9回はリリーフ
エース福盛和男が危なげなく抑えた。でも野村克也監督が試合後にグランドで球団マスコットの
クラッチーナ(鷲の女の子)をおどけて抱き寄せたのには驚いたなあ。

スタンドで見た仙台の楽天ファンは暖かく、かつ素朴という印象。阪神ファンのように熱狂的ではなく、
ロッテ・ファンのように組織立ってはいないが、他球場では割と大人しい内野席も外野席に負けない
応援ぶりである。一球ごとに歓声があがったりしているし、途中までは負けていたのに、
8時過ぎに席を立つ客もほとんど見られなかった。負け試合と見切りをつけると途端に冷淡になる
巨人ファンあたりとは対照的で、野球馴れというか野球ズレしていないのだろうなと感じさせる。
仙台という町が楽天イーグルスを盛り上げていこうとしている姿勢がうかがわれて、何だか
私までとても嬉しくなった。西武は負けたけど、楽天が勝ったからいいか…ってね。

ところで、この球場のビール売りにはちょっと問題がある。私はスーパードライは飲まず、
一番絞りを好むのだが、私の席の近くまで来る売り子はスーパードライばかりなのである。
初めは偶然かと思ったが、見ていると一番絞りの売り子は上の席まで登ってこようとせず、
上の席を見るのさえ避けている様子。スーパードライが何十回もやって来たのに対して、
エビスが3、4回、一番絞りはゼロである。試合の中盤には一番絞りもエビスも全く来ないので、
試合そっちのけで苛立ってしまった。馬鹿馬鹿しい話だが、私はこんな極端な売り方をする球場を
初めて見た。どうにかエビスを2杯飲むことが出来たのは僥倖だったのかな。

2006年07月29日 パ・リーグ フルキャスト  
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
西武 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3
楽天 0 0 0 0 0 0 0 5 × 5
投 手
西武 涌井
楽天 一場―福盛
   
【勝】 一場 6勝 9敗 0S
【負】 涌井 9勝 5敗 0S
【S】 福盛 0勝 2敗 17S
本塁打
西武 中島16号
楽天 山崎武12号
[PR]
by funatoku | 2006-08-01 01:42 | ヤクルト・西武(プロ野球) | Trackback | Comments(0)