カテゴリ:未分類( 15 )

“二代目・徳光和夫”

 昨年、二代目林家木久蔵を襲名したと思ったら、今度は二代目林家三平襲名だそうです。本来「襲名披露」というのは大名跡で行なうものでしょうが、林家木久蔵も林家三平も元々は前座の名前でした。ところが初代が若くして有名になったために、大きな名跡に改名しなかったのです。
 伝統芸能の場合、名前とともに型を継承するという部分もあるわけですが、三平も木久蔵も型破りな個性で売った人ですから、芸を継承するのは息子とはいえなかなか難しいのではないかと思います。そういうマイナス面を差し引いても初代の知名度を継ぐだけのメリットがあるでしょうが、知らん間に意外なところで“二代目襲名”が粛々と進行していたのです。それがこの徳光正行

 徳光和夫の次男で1971年生まれ。中学時代にプロレスラーを目指したが、三浪ののち日大芸術学部音楽学科に入学。卒業後はロック歌手を目指すも、2001年に父の病気を機にタレント活動に転身。何だ?この経歴(笑)。見事なまでに一貫したドラ息子路線には感心しますが、2006年にテレビ東京「レディス4」の司会者に抜擢されます。
 「レディス4」はテレビショッピング番組の嚆矢とも言える長寿番組で、前身の「リビング4」(当時はフジテレビ)は1971年に始まっています。高崎一郎のキザで軽妙な司会ぶりが私は当時から結構好きでした。番組冒頭でやたら流暢な英語で番組名を言うのが、当時のテレビでは類が無くて面白かったのです。
 高崎一郎といえば「オールナイトニッポン」初代パーソナリティとしても有名で、日本にアメリカのDJスタイルを持ち込んだ先駆者でもあるのですが、「リビング4」は三越の岡田茂(当時専務。のちに社長を解任されて有名になりますね)がアメリカ流のテレビショッピング番組を日本に定着させるために、アメリカの放送業界に詳しい高崎氏と組んで始めたのだそうです。また、高崎氏がニッポン放送在籍時に当時の社長に音楽ビジネスの将来性を説いて、ポニーキャニオンが設立されたのだそうで、日本の放送史に残る人物と言えます。
 83年にテレビ東京に移って「レディス4」と名前を変えてからも、高崎氏は長く司会を務めてきましたが、2003年2月に体調不良のため降板し、二代目司会者には俳優の柴俊夫が就きました。洗練された前任者に比べて無骨な感じの柴の起用は意外性がありましたが、2006年10月に三代目司会者の女優・大島さと子と交替し、この時にサブ司会という形で徳光正行が起用されたのです。ふぅ、やっと本題に戻った。

 サブ司会やアシスタントというのは、メイン司会者に合いの手を入れたり、コーナー名を言ったり、告知を読み上げたりするもので、若手女子アナなどが担当することが多いのですが、徳光正行は見事なまでに何もしません。せいぜい笑って頷いている程度。或いは商品を試食して頷いているとか。「オールナイト・フジ」の松本伊代だってもう少し働いていたぞ(笑)。
 私は初めてこの番組で徳光正行を見た時に何者なのか見当もつかず、番組内イジメでも受けているのかと思ってしまいました。そして調べたら徳光和夫の次男ということが分かり、思わず納得。父の徳光和夫は「司会者」などと呼ばれていますが、現在では実際に番組を進行させることは殆んどありません。周囲の誰かが番組を進行させて、本人は「巨人がどーした」などと好き勝手なことをコメントしているだけです。徳光正行はまさに父親の現在のスタイルをコピーしたと言って良いでしょう。
 しかし、父親が今の立場になるまでには随分色々な司会を経験しています。ザ・デストロイヤーに足4の字固めをかけられたり、「クイズダービー」の司会では大橋巨泉の後任なんてやり難そうなポジションだったり。そういう経験を経て、今のフリーハンドのような立場を獲得したわけですが、息子はいきなり現在の父親の真似。何だか落研の学生が、名人の形だけ物真似しているような感じがします。和夫=名人なのかはよく分からないけど。

 日本人は二世とか二代目には概して甘いものですが、いきなり父の老後の芸風を真似して“二代目”に名乗りをあげて、果たして受け入れられるのかなあと思っていたら、昨年末徳光正行はあっさりと「レディス4」を降板していました。わずか1年2ヶ月。さすがにそこまで甘くはなかったということでしょうか。
 甘いと言えば、徳光和夫の父親、つまり正行の祖父は日本テレビの重役から、東京12チャンネル(現・テレビ東京)へ転身した人なのだそうです。徳光正行の「レディス4」起用に祖父の影響を見るのは穿ち過ぎかな?
 ともあれ、こうして徳光正行の“徳さん襲名”は一旦挫折した形で終わりました。しかし別の番組で見る限り、特に喋りが苦手というわけではなくて、親父のエピソードなどをそれなりに面白く語っていたりします。取り敢えずは徳光和夫伝説の語り部として“徳さんブランド”に磨きをかけつつ、いつの日か自分が“二代目・徳さん”を襲名する…。徳光正行の丸顔からそんな捲土重来の野望が透けて見えてくるような、こないような…。
[PR]
by funatoku | 2008-02-06 07:05 | Trackback | Comments(6)

肉離れ

友人から「放置しとくと君が死んだと思う人がいるかも」とのご指摘を受けました。ここのことですが。

何とか生きてます。…でも結構青息吐息かも。
先月17日に右足脹脛に肉離れを起こしました。駅のホームで駆け出そうとした瞬間に激痛が走り、
その日は何とか歩いて医者に行ったのですが、翌日から内出血で足が腫れて、立てないどころか
脚を下げていることさえ出来なくなりました。そのまま二十日ほど自宅療養です。
そして先々週は両方松葉杖、片足歩きで出勤し、先週は片方松葉杖で両足で歩けるようになり、
この週末から松葉杖無しで歩けるようになりました。ここ2週の回復は思ったより速かったけど、
最初の頃は全く良くなる気配が無いので、一体どうなることかと不安になりましたね。

運動不足、体重増加、気温などいくつか原因はあるのでしょうが、日常生活を色々と反省中。
取り敢えず柔軟体操を習慣にしようと思っています。筋肉が硬い人は要注意だと思いますよ。

前から奨められていたのですが、今日からMIXIに加入することにしました。
時間が無くてこのブログを更新できないのに、今更手を広げてどうする?という気もしますが、
こちらは今まで通り落語や音楽の鑑賞記を中心に、あちらは断片的な雑記になっていきそう。
ただこちらの本格復帰は四月中旬以降の見込なので、興味のある方はあちらも覗いてください。
「粗忽庵」の名で登録しましたが、どうやったら辿り着けるのかまだ説明出来ません(苦笑)。

(3/7追記)姓「粗忽庵」で検索するとヒットします。姓だったのか?というのはさておき。
[PR]
by funatoku | 2007-02-19 14:46 | Trackback | Comments(0)

江戸切子のビールグラス

皆さんは自宅でビールを飲む時はどうしていますか。

私は居酒屋や食堂で出てくるような「キリンビール」とか「サッポロビール」というロゴの入った
普通のコップで、自宅でも飲んでみたいなと思っているのですが、あれ売ってないんですね。
(もし入手方法をご存知の方がいらしたら、ご教示頂けると幸いです)

で、やむを得ず使っていたのが、ビールのおまけのコップ。最近見かけなくなりましたが、
90年代前半には6缶セットにオリジナルのコップがおまけで付いてくることがありました。
そうしたコップが数個あったので、それで飲んでいたのですが、お店のシンプルなコップと違って
変にデコラティブだったりするので、却って貧乏臭い。それも殆ど割れてしまったので、
ここ数年は「我ながら無精者だなあ」と思いつつ、たいてい缶からそのまま飲んでいました。

数ヶ月前、「ぶらり途中下車の旅」というテレビ番組で江戸切子の工房が紹介されていて、
「これだ!」と思いました。と同時に子供の頃、家で江戸切子のグラスを見た記憶が甦りました。
凝った細工の高級品ではないものの、紫色が涼しげなコップのセットだった筈です。
母親に電話して訊いてみると、あれは祖父母(母の両親)の代からあったものだが、
今はもう無いと言う返答。残念ながら処分してしまったようです。
そこで、テレビで見た工房の足付ビールグラスを取り寄せることにしました。それが写真左。
さらにこの業界では老舗らしいカガミクリスタルという会社の銀座のギャラリーに行って、
「竹の膳」というビールグラスを買ってきました。それが写真右。

いやー、いいですねえ。特に夏は涼しげだし、缶のまま飲むのとは明らかに味が違います。
小さなグラスなので、気のせいか飲む量も減ったような。もっと早く買えば良かったなあ。
b0058309_1336475.jpg
b0058309_1341593.gif
[PR]
by funatoku | 2006-08-13 13:30 | Trackback | Comments(0)

今日のトリビア(1)

「巨人・大鵬・卵焼き」の横綱・大鵬は、巨人ではなく南海ホークスのファンだった

「私は裸一貫、独りでやってきたと思っています。巨人は団体だから一緒にはならない。(略)
日本人が好きなものの代表としての言葉は光栄ですが、私自身は南海が好きだったんです(笑)。
野村とか広瀬とか、杉浦投手だっていい人だよね」(「サンデー毎日」05.7.31号)

組織野球の巨人より、個性派野球の南海が好き、ということのようですね。
私が子供の頃に聞いた印象だと、「日本人が好きなもの」ではなく、「子供が好きなもの」として、
やや軽侮の入った言葉だったのですが、まさか御当人にそんなことは訊けないでしょうし、
現在ではもはや、名横綱の“枕詞”として定着しており、侮蔑的な意味合いは無いでしょう。

それにしても、この歴史に残る言葉を、一体誰が最初に考えついたんでしょうかね。
大宅壮一?青島幸男?或いは新聞記者なのか?機会があれば、調べてみたいと思います。
[PR]
by funatoku | 2005-07-29 17:30 | Trackback | Comments(0)

クルマを買い換えるの記

クルマを買い換えた。と言っても私のクルマではない。私は自分のクルマを持ったことは無いのだ。
日常おいてはクルマの必要性を感じることは少なく、遠出などでクルマが必要な場合には、
母親にクルマを借りに行く(父親は免許を持っていない)。まあ、私に買う金が無いというのが
最大の理由だけど。つまり、今回買い換えたのはその母親のクルマである。

私は幼稚園の頃はクルマが好きで、団地に路上駐車しているクルマの車種を当てて歩いたりした。
もっとも当時は車種が少なくて、クラウン、コロナ、セドリック、ブルーバード、ベレット、日野コンテッサ、
スバル360、ファミリアなど、せいぜい10数種なので、幼稚園児にもさほど難なく覚えられたのだ。
他にもあったのかも知れないが、当時の東京郊外で見かけるのはそんなものだったはずだ。
しかし、小学校に上がる頃から車種が増え始め、またモデルチェンジも頻繁になってきて、
覚えきれないようになると、私はクルマに対する興味をほとんど失ってしまった。
そして現在に至るのである。いや、実際には免許取りたての頃は、運転そのものが面白くて、
用も無いのに近場を乗り回したりもしたものだが、車種への関心はもう甦ることはなかったのだ。
この頃、ドライブでデートなんていうのに拘ったりもしたが、これはドライブへの興味というより、
“デート”の方に力点があったことは言うまでもない。

母親は50代になって、通勤の必要上免許を取って以来、主として日産車を愛用してきたが、
前のクルマはホンダのアコード1800ccで、2000年春以来ちょうど5年間使ったことになる。
私はこの5年間は余り遠出をする機会が無く、新潟に行ったのが最長のはずで、母も近所に
買い物に行く程度なので、走行距離は少なかった。アコードには別に不満は無かったので、
そのまま買い換えても良かったのだが、調べてみて驚いた。アコードの1800ccはもう無いのだ。
アコードは2400ccが主体になっており、2000ccもあるにはあるが、車体は3ナンバーサイズだ。
1800ccのセダンというのは、年々大きなクルマを運転するのが負担になってきている老人と、
遠出に使いたい私の、微妙なバランスの上に立った接点なのだ。勝手に大型化されても困る。
というか、中堅グレードの車種にそんなに大型化の必要があったのかねぇ。ちょっと不思議。
ホンダのセールスマンは、そんなに車幅は変わらないなどといい加減なことを言ったようだが、
HPで調べてみると7センチも広がっており、母も今以上に大きなクルマは嫌だという。
というわけで、アコードを諦めて各メーカーのHPを調べることにした。5年前にはクルマ雑誌で
比較したものだが、今はHPが充実しているので、格段に調べやすくなっている。

そしてトヨタの「アリオン」というクルマにたどり着いた。かつての「カリーナ」の後継車種らしい。
1800cc主体のクルマなので、サイズも大き過ぎないし、走力もまずまずのようだ。
ただし、私が着けたかったカーナビは、母に「そんな機械は使えそうにない」として却下された。
この人は、かつて研究室で遥かに複雑な実験装置を扱っていたはずなのだが…。
ともあれ先頃届いたアリオンを2、3回近所で運転してみたが、乗り心地はなかなか良い。
しばらく、クルマで遠出をする機会が無かったが、またどこかへ旅してみたいものである。
b0058309_121444.jpg

[PR]
by funatoku | 2005-07-18 12:02 | Trackback | Comments(0)

雑談(柳家小さん襲名ほか)

02年に亡くなった人間国宝の落語家5代目柳家小さんの長男柳家三語楼(57)が、
来年秋に「6代目柳家小さん」を襲名することが17日に明らかになった。
 「小さん」は落語界の大名跡で、江戸時代末期の初代に始まり、3代目は名人と言われた。
5代目は落語界で初めて人間国宝に認定され、落語協会会長を長く務めた。
 三語楼は東京都生まれで、63年に父である5代目に入門。76年に3代目三語楼を襲名して、
真打ちに昇進した。若手の柳家花緑はおいにあたる。[日刊スポーツ 2005/6/17/14:21]

私は近年寄席定席に足を運ばなくなったせいか、三語楼師の記憶が殆んどありませんし、
ネットで評判になったのを見たこともありません。「華がない」タイプなのでしょうか。
それだけに今回の襲名は私も驚きました。恐らく世間で最も六代「小さん」に相応しいと思われて
いたのは柳家小三治師匠でしょうが(私は孫の柳家花緑師が六代を継ぐと思っていました)、
自らの襲名を断って三語楼師の襲名を推したということです。某巨大掲示板ではそんな経緯から
「“紀州”の小さん」とか、「先代の病室から“小さん株”を持ち去った」などというネタが…(笑)。
大名跡を息子が継ぐのには、私は根強い歌舞伎界へのコンプレックスを感じてしまいますね。
あるいは今回の林家正蔵襲名で、落語協会が味をしめたのかな…。
*  *  *
同時に来春、柳家風太郎、林家久蔵、柳家三三、柳家小太郎、柳家さん光の5人を真打昇進
させると発表されましたが、これにはガッカリしました。柳家三三さんは抜擢昇進させるべき
だったと思います。抜擢が難しいなら、せめて横並びではなく単独昇進させるべきでした。
*  *  *
若貴兄弟喧嘩の何が凄いかって、登場人物の誰にも全く感情移入出来ないのが凄い(笑)。
“いい人キャラ”が丸つぶれの兄、目がイっちゃってる弟、土俵外では好き勝手ばかりやってきた
“土俵の鬼”、夫と子供を捨て男に走った母、相撲界を嫌っているくせに横綱と結婚した兄嫁…。
今週発売の「週刊新潮」は「貴乃花“7つのウソ”」、一方「週刊文春」は「貴乃花激白
小誌だけが知る全真相 憲子さんが洩らした“遺産1000万円は貰えるはず”」。
もはやこの件に「兄弟でよく話し合って…」なんてコメントする芸能人まで胡散臭く見えますなぁ。
*  *  *
ユニクロの婦人服売り場が最近どんどん広がっているように見えます。女性の客が増えて
いるんでしょうか。あんまり愛用しているっていう話も聞きませんが、大丈夫ですかね。
*  *  *
元・モー娘。の矢口真里。私は安倍なつみのようにフェイドアウトするのではないかと見ていましたが、
ひと月余りで20以上のゲスト出演をこなし、最もTV露出の多いハロプロメンバーになっています。
やはり盗作と恋愛という違いに、テレビ局は敏感だったということで、これは私の不明でした。
ただ、テレビが彼女に期待する“汚れアイドル”というポジションが居心地が良いかはまた別の話。
*  *  *
2年続いたメロン記念日の単独夏ライブツアーが今年は無いようです。このままフェイド・アウト
なんてことにならないか、ちょっと不安な日々…。
*  *  *
16日1時から17日早朝にかけて、エキサイト・ブログのサーバーメンテナンスとやらで、
ここに入れませんでしたね。私はここをタダで使わせてもらっているので、そのことに文句を言う
筋合いはありませんが、16日17時の終了予定を過ぎても一向に使えないので、何かアクシデントが
あって、データが消えたりしないかと心配しました。しかも、エキサイトのアドレスは分からないし、
その間問合せる手段が無いのです。このブログ、私自身では全くバックアップしてないもので。
でもタダとは言え、客のデータを消してしまったら、このエキサイトという会社は二度とIT業界で
信頼回復できないぐらいのダメージでしょうね。それを考えるとよくやるよなあ、とも思いますが。
*  *  *
お読み頂きまして有難うございます。17日、20時頃にご訪問者数が4000人を突破しました。
[PR]
by funatoku | 2005-06-19 23:02 | Trackback | Comments(0)

「無知」はどこにある?

長い付き合いのある人の思わぬ無知が判明して驚くことがある。
お互いにそれ程物知りだと思っていた訳ではないものの、結構いい年齢になっているだけに、
若い頃の無知とは、また別の驚きと言うか、味わいが出てくるような気がする。

今日書くのは、本人の名誉の為になるべく個人情報を避けるが、有名大学を出て、堅い職業に
就いており、読書も趣味の一つであって、決して無知とは思われない中年男性の言動である。
彼は最近、トイプードルという犬を預かる機会があって、公園に連れて行ったりしたらしい。
生後1年というその犬は、彼を驚嘆させる行動に出た。

「メス犬っていうのは、小便の時に片足を上げないんだねぇ」

繰り返すが、彼は私のような風来坊ではなく、それなりに社会的地位のあるオッサンなのである。
何十年もの間、オス犬しか見たことがなかったのだろうか?

この日、彼にはさらに私を驚かせる発言があった。
雑談の中で、私は「ガリガリ君」のホームページが面白かったと話したのだが、どうも反応が変だ。
改めて訊いてみると彼は「ガリガリ君」の存在そのものを知らなかったのである。
仮にコンビニに行く機会が少なかったにしても、ずっと東京在住だった人間が、
何故CMまで流れているロングセラー商品の存在を知らないのか…。
どうやら子供の頃から歯が壊滅的に悪かったので、アイス自体を滅多に食べなかったらしい。

長い付き合いだからといって油断していると、意外な無知が身近にあると再確認させられた次第。
[PR]
by funatoku | 2005-05-14 23:54 | Trackback | Comments(0)

Yahooで検索してみた

右も左も分からずブログというものを始めて半年近くになる。
始めてみて一番意外だったのは、「思ったより人がいらっしゃる」ということである。
自分以外の訪問者はほとんどゼロではないかと予想していたので、ちょっと不思議。
どうも原因としては、ここがヤフーやグーグルの検索に引っかかることにあるようだ。
試しに、ブログ開始以来私が独演会に行った落語家名を「Yahoo」で検索して、
この『中野「粗忽庵」日乗』が何番目に出てくるか実験してみた。(調査日・4/12~13)

柳家小袁治  6
春風亭勢朝  8
立川談春   17
立川志らく   22
林家たい平  28
柳家喬太郎  30
柳家小三治  51
立川志の輔  76
立川談志   不明
(1000までに出てこなかったので調査断念)

お読みになれば自明のように、私は落語通ではなく、自分用のメモとして書いたに過ぎないのだが、
意外に簡単にここに辿り着いてしまうのだ。いいのかな?さらに他のジャンルも調べてみる。

ジュニア・マンス  25
茂木大輔  28


ジュニア・マンスはCDの感想を書いただけで、ライブには行っていない。
一方、メロン記念日ではなかなか検索に引っかからない。

大谷雅恵   177
斉藤瞳     217
村田めぐみ  218
柴田あゆみ  392


メロン記念日のファン層にはブログを書く人がやたら多いようだが、
落語について書く人は少ないようだ。これは年齢層の問題もあるだろうし、
落語ファンには「見た奴だけが楽しめばいいんだよ」という気質もありそうだ。
また噺家さんの側にはネットに関心が無さ過ぎる傾向がある。
具体的に名前を挙げさせて頂くが、立川志の輔師匠。当代一の人気者でありながら、
公式ホームページが無い。無くても落語会は満員なので必要を感じないのかも知れないけれど、
もしかすると新たにファンになったであろう客を失っているかも知れない訳で、何とももったいない。

ちなみに私の本名をYahoo検索すると、……全く引っかかりませんでした。
[PR]
by funatoku | 2005-04-13 10:59 | Trackback | Comments(8)

中野雪景色

雨の音が聞こえなくなったと思ったら、夜半から何と雪に変わっていました。
さて、“京ぽん”では夜景がどれくらい撮れるのか、ちょっと実験。
b0058309_16471256.jpg

うーむ、人様にお見せする画像じゃないねぇ。買いっぱなしのデジカメをちゃんと接続するか…。
[PR]
by funatoku | 2005-02-25 01:31 | Trackback | Comments(0)

2枚のチケット

このブログに中野「粗忽庵」日乗というタイトルをつけてみたものの、中野が話題になったのは
3ヶ月以上経つのに、わずか1回だけである。検索エンジンなどから中野の話題を求めて
飛んできた方もいらっしゃるはずで、タイトルに偽りあって申し訳ない次第。
せめて、という訳ではないが、今日は「粗忽」の方の話題をひとつ。

今、私の手元に2枚のチケットがある。
「2/19 メロン記念日公演 日本青年館大ホール 15:30開演」
「2/19 立川談春・立川志らく二人会 亀有リリオホール 17:00開演」

開演時間に注目して頂きたい。明らかに公演時間に重複する部分がある。
メロンは昼、落語は夜という大雑把な認識であったために生じた現象と言えよう。
私の中では未開人のように数字は「一つ、二つ、たくさん…」という数え方なのかも知れない。
そんなんでよく経済学科を卒業出来たものだ…。さて、私はどうすべきなのだろうか?
どちらかを諦めてヤフーオークションにでも回すのが、賢明なのかも知れない。
しかし私は不精者であり、とりわけネット方面にはさらに「無知」が加わるので、自分のチケットを
売りさばくなどという器用な真似が出来よう筈もない。止むを得ず(?)両方行くのである。

生のメロン記念日は年に何度も見られるものではないし、この落語を聞き逃す手も無い。
二人会というのは独演会と違って相方を意識するので、力演になることが多いのだ。
特にこの二人は立川流きっての俊才で、かつて「立川ボーイズ」なるコンビを組んでいた
こともあるのだ。お互いを意識しない筈は無く、今からわくわくする。

しかし、千駄ヶ谷駅から徒歩10分程の日本青年館から、常磐線亀有駅前のリリオホールまで、
1時間弱はかかるだろう。そうでなくとも公演時間が被るのだ。こりゃ、どこでもドアが必要だ。

それにしても、夜の落語を5時から始めるとは、想定外だったなぁ…。
[PR]
by funatoku | 2005-02-16 00:14 | Trackback | Comments(0)