“移籍”した球団オーナー

 日本のプロ野球において、オーナーでありながら“移籍”してしまったのは、球団の買収等のケースを除くと多分この中村長芳氏だけでしょう。球団のオーナーといえば、福岡ソフトバンクホークスの孫正義オーナーや、既に退任した巨人・渡邉恒雄オーナー、西武・堤義明オーナーのように親会社の社長が就任するのが通例です。それなのに2球団でオーナーとはどういうことでしょうか。それも間をあけずに“移籍”しているのですから、現在の感覚からするとかなり不思議な現象です。これを説明するには千葉ロッテマリーンズの歴史を振り返る必要があります。

 昭和25年に第1回の日本シリーズを制した毎日オリオンズは、昭和32年に大映ユニオンズを吸収合併して大毎オリオンズと改称します。オーナーには大映の永田雅一社長が就任し、毎日新聞と大映が共同で球団を経営する体制になったのです。昭和35年に西本幸雄監督のもとで大毎はリーグ優勝しますが、この年限りで毎日は事実上経営から手を引き、39年には資本関係も解消します。
 しかし、既に映画業界は斜陽期で、大映一社で球団を維持するのは難しくなっており、永田オーナーは友人である岸信介元首相の仲介によってロッテとスポンサー契約を結び、昭和44年に球団名をロッテオリオンズに改称します。この時点ではロッテに命名権を売却しただけで、ロッテが正式に球団を買収するのは46年のことです。こうした買収の経緯から、オーナーにはロッテ側ではなくて岸信介氏の秘書だった中村長芳氏が就任したのです。いわば“雇われオーナー”という変則状態ですね。
 ところでこの頃、福岡に本拠を置いていた西鉄ライオンズは人気、成績ともに低迷しており、親会社の西日本鉄道は売却先を探していました。ここで中村氏が西鉄球団の株を購入するのです。しかし、プロ野球協約では2球団に関係することは禁じられていますから、中村氏はロッテのオーナー職を辞任し、47年のオフに福岡野球株式会社を設立してライオンズのオーナーに就任しました。そして、ゴルフ場を経営する太平洋クラブや、廣済堂のグループ企業であるクラウンガスライターに命名権を売却して6年間球団を経営しましたが、赤字が増えたために昭和53年オフに西武グループに球団を売却してオーナーを退任しました。

 こうして中村氏は球界を去りましたが、ロッテ以来中村氏のもとで球団経営にあたっていた坂井保之氏は西武ライオンズに残留して球団代表に就任しています。正直なところ球界混乱期に暗躍した胡散臭い存在というのが、中村氏への現在の一般的な評価でしょう。しかし、私財をなげうって球団経営にあたっていたのも確かで、もう一度見直されても良い人物ではないかと私は思っています。
 例えば、ロッテのオーナーに就任したのは岸氏の意向でしょうが、ライオンズのオーナーに就任したことに岸氏がどの程度関わっていたのかがよく分かりません。昭和53年にライオンズが去ってから昭和63年オフにダイエーホークスが来るまでプロ野球空白地帯だった福岡に、ロッテが移転するという構想がありました(西鉄出身の稲尾和久氏がロッテ監督に就任したのはこのための布石と言われています)。岸氏や韓国資本は福岡に関心を持っていたようですが、これと中村氏とのつながりがよく分からない訳です。そう言う意味では、中村氏は戦後政治史とプロ野球の狭間の生き証人だったと言えるでしょう。

 余談。数年前まで東京竹橋の毎日新聞本社1階に「オリオンズ」という喫茶店がありました。「毎日オリオンズ」最後の遺構だったかも知れません。


■中村長芳氏=プロ野球ロッテ、太平洋クラブ元オーナー(読売新聞 - 10月18日 22:50)
 中村長芳氏(なかむら・ながよし=プロ野球ロッテ、太平洋クラブ元オーナー)18日、くも膜下血腫(けっしゅ)で死去。83歳。告別式は23日午前11時、山口市本町1の2の15長寿寺。自宅は同市泉都町3の1。喪主は長男、芳夫氏。
 岸信介元首相の秘書を務めた後、1971年にプロ野球ロッテのオーナーに就任。72年オフ、西鉄ライオンズを買収し、太平洋クラブ(76年10月からクラウンライターに変更)のオーナーに転じて、78年に西武に球団を売却するまで球団経営に携わった。
[PR]
by funatoku | 2007-10-20 00:18 | ヤクルト・西武(プロ野球) | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://funatoku.exblog.jp/tb/7598907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2007-11-13 11:23
タイトル : 球史に残る大投手、稲尾和久氏の急逝に弔意を表す
親愛なるアッティクスへ 本未明の13日午前1時21分、元西鉄ライオンズの投手・監督であった稲尾和久氏が悪性腫瘍のため福岡市内の病院で死去された・・・というニュースを耳にしました。 享年70歳。 謹んでご冥福をお祈りする次第です。 この時間というのは、奇しくも、昨夜、私がちょうど帰宅した時間だったのですが、当然、今朝は、二日酔いで、朝起きてからも、満足にニュースも見ることも出来ず、今朝、車のラジオでこのニュースを聞いて初めて知った次第でした、 で、本日は混迷を深めるパキスタン情勢につい...... more


<< 柳家喬太郎独演会(10/22 ... 竹内洋『大学という病』(中公文... >>